• 投稿 2017/03/28 
  • 投資



【ビットフライヤー】


ご存知ですか?

2017年はビットコイン元年であることを

 

ビットコインとは

 

3a2f8ee0140bd7665abe902f79daa42e_s

 

ビットコインは2008年ナカモト サトシ氏によって発表された論文をもとに、2009年に運用が開始された、仮想通貨です。

 

現在(2017年3月28日時点)では、1BTC(「ビットコイン」の略称)114,845円で取引されています。

 

誕生した当時はほぼ無価値でしたが、2015年5月にあるエンジニアがピザの交換を申し出たのに、応じて出た人がでて、初めての商取引が成立しました。

 

今では、ビットコインのATMがあったり、アメリカや欧州では、すでに家賃や給与の支払いに活用されています。

 

海外送金をするには、銀行では1週間ほどかかりますが、ビットコインなら、瞬時に送金でき、手数料も格安です。

 

残念ながら日本では出遅れていますが、2017年7月からは間違いなく数が増えます。

 

改正資金決済法が可決

 

 

2016年5月25日の参議院本会議で、改正資金決済法が可決されました。

 

ビットコインを含めた仮想通貨が決済手段として認められたのです。

 

公布後1年以内に施行されるこの改正資金決済法により、ビットコインは決済手段に使える「財産的手段」として認められたのです。

 

いよいよ4月より、改正資金決済法により、日本でもビットコインが流通し始めるのです。

 

 

もしかして億万長者?

 

 

もし、ビットコイン発行時に1万円もっていたら現在どうなっているでしょう。

 

発行時は1BTCが8セントでしたが現在は約1000ドルくらいになっています。

 

8セントの時に1万円分のビットコインを購入した人が今売却すると100億円位だそうです。

 

凄いですね!!

今1ビット11万前後です。

 

1年前は1ビット5万円でした。

 

まだまだ乱高下はありますが、通貨として認められているのは事実です。

 

今銀行にお金を預けていても殖えません。

 

例えば今1ビット11万円で購入したとします。

それが、10年後大きく殖えていると考えるとワクワクしませんか?

 

みんなが知ってしまってからではもう遅いのです。

 

誰もやっていない今が一番いいのです。

 

11万がもしかしたら0になるかもしれません。(多分ないとは思いますが)

でも11万が何億と大きくなったらいいと思いませんか?

持たざるリスクというのがあります。

 

もし資金に余裕があるのなら、最低1ビット持っていたいですね。

 

ビットコインチャート

 

 

ビットコインはどこで買ったらいいのか

 

 

取引き方法は色々あるようですが、国内最大手の「bitFlyer(ビットフライヤー)」がオススメです。

 

実は世界一の取引所は中国でも米国でもなく、日本の「ビットフライヤー」なのです。

これは以外に知られていな事実です。

 

リクルートホールディングスは仮想通貨「ビットコイン」事業に参入するとし、ビットフライヤーに投資したと2015/1/28付の日本経済新聞に載っています。

 

安心してお取引ください。

 

管理人の私も口座開設してみました。

 

アカウント登録はメールを登録するだけです

たくさん使いたいあなたは、個人情報を登録して使える機能を増やしましょう。

 

ネットを使いこなせるあなたなら、簡単に登録できるはずです。

 

誰もやっていない時にするのが、成功の秘訣です。

 



【ビットフライヤー】

取引きは1円からできます

 

取引きは1円から始められます。

 

まずは考えるよりやってみろです。

 

ビットフライヤーは日本の取引所です。

 

今年日本は【ビットコイン元年】です。

 

チャンスは今!!

 

【ビットフライヤー】